高収入チャットレディになるには照明が欠かせない! | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


高収入チャットレディになるには照明が欠かせない!

高収入チャットレディになるには照明が欠かせない!

高収入チャットレディになるには照明にこだわるべし

チャットレディにとって、映像を良く見せる照明は、収入にかなりの影響力があります。

照明器具を変更したり、ライトを当てる場所を少し変えるだけで、映り方や印象が激変。
これまでとは違った、新規のお客さんの目にも留まるようになったり、報酬が一気に跳ね上がることも大いにあるのです。

そんな、照明の効果を十分に発揮するために、知っておきたい照明の種類や、使い方のコツについて紹介します。

今よりももっと、報酬を増やしたいと思っている現役チャットレディだけでなく、これから、チャットレディとして働く環境を整えようと思っている女性も、ぜひ参考にしてみてください。

チャットレディが使う照明機器の種類と特徴

チャットレディがよく使用している、照明機器の種類について紹介します。

照明機器によって、特徴や設置箇所の違いがあるので、機材について知った上で、どの機材を選択するか決めるようにしましょう。

スタンドライト

スタンドライトとは、自立式の照明のことです。
代理店が用意しているチャットルームでも、一番使われている照明機器と言っても、過言ではありません。
中には、プロが使うような、撮影用ライトも含まれます。

支えが必要ないスタンドライトは、WEBカメラとパソコンの後ろから、光を当てることが可能です。
カメラと同じ角度からライティングできることにより、カメラに映る全体を、均一に照らせて、綺麗な映像に仕上がります。

ただし、設置場所の問題で、顔との距離ができることから、光量が足りなく感じる場合もあるでしょう。
そんな時は、一般的なスタンドライトよりも光量の多い、ビデオライトを使うことをおすすめします。

クリップライト

パソコンの画面に設置ができるクリップライトは、置く場所をとらず、スタンドライトより比較的近い距離で、肌に光を当てることができます。

ライトと肌の距離が近くなることから、女優ライトのような効果も
影になる部分を光で完全に飛ばすので、美白と共に、若々しく見えるメリットもあります。

距離が近いライトは、光源の形が瞳に映るので、円形やハート型のものを選ぶと、また違った楽しみ方ができるでしょう。

間接照明

チャットレディは、お話しするだけではなく、身振りや手振りも使って、パフォーマンスをします。
時には、カメラから離れて、映像に変化をもたらすことも少なくありません。

画面から離れた位置を照らすなら、間接照明がおすすめです。
スポットライトのように、光が固まることなく、部屋全体をムラ無く照らしてくれます。

間接照明に演色ライトを用いれば、映像にフィルターをかけたかのように、ムーディーな演出をすることも可能です。
演色ライトで直接肌を照らすと、色によって顔色が悪く見えたり、クラブのようなギラギラしてしまい、映像としても見にくくなってしまいます。
なので、間接照明に用いると、程よく活かせるでしょう。

レフ板

光を直接発する機器ではありませんが、ライブチャットの映像を美しく見せるためには、レフ板も重要です。

レフ板とは、反射させた光を被写体に当てるための道具で、レフ板を使えば、部屋の中央にいても、窓から入る自然光も利用することができます。
サイズや形はさまざまありますが、布の膜のようなものなので、女性でも簡単に扱うことが可能です。

ライティングに使う光が強いと、顔の影の色が濃く目立ってしまいます。
その場合に、レフ板で一度光を反射させることで、光を拡散してくれて、影になる部分を緩和させてくれるのです。
その上、肌トラブルも、ぼかして見えにくくする効果もあるので、美肌効果もアップします。

光を反射させるのにレフ板がない時は、白い壁や布でも代用できます。
照明機器の設置位置や角度を工夫させて、レフ板と同様の効果を得ましょう。

チャットレディが照明を効果的に使うには

チャットレディが報酬アップにつながるよう、照明の効果を十分に発揮させるには、いくつかポイントがあります。

光源の種類に気を配る

光源には、一般的に白熱灯・蛍光灯・LEDライトが利用されます。
種類の違いは、明るさや色味にも現れるので、それぞれの特徴を押さえた上で、チャットに何が合うか、見極めることが重要です。

それぞれの特徴は、次のようになります。

白熱灯:
光自体は温かみのある色味をしていて、オレンジがかっているのが特徴です。
影が強調されやすい特徴があるので、柔らかなムードを演出することができます。
立体感も出るので、セクシーな印象を持たせることも得意です。長時間点灯しておくと、熱を持つ性質があるので、あまり近くで使用するのはおすすめできません。
光量の調節に、布やティッシュでカバーを付けたいと思っても、環境や温度によって引火の危険性があるので、使用には注意が必要です。

蛍光灯:
光が拡散するようになっていることから、広い範囲を照らすのに適しており、影もでき人くいことが特徴です。
白熱灯よりも光量がありますが、最大の明るさになるには、点灯してから少し時間がかかるものもあります。
色はさまざまあり、使い分けることができます。
LEDライト:
寿命が長く、現在はほとんど発熱しないことから、扱いやすくて人気のライトです。
調光が可能なので、自由度が高いですが、光量が少ないこともあります。
蛍光灯基準で同じ明るさのものを選んだにも関わらず、実際に使ってみると少し暗いこともあるので、点灯した状態で明るさを確認しましょう。

照明の色の違いはカメラの環境設定に影響する

照明には、電球色・昼光色・昼白色があり、この色味の違いは、カメラの設定に影響します。

電球色は、その名の通り、電球のような暖色系の色味です。
カメラを通すと、肉眼で見た時よりも黄色味が強く、かつ、全体的に暗く見えやすいので、設定で明るさを上げ、色味を抑える必要があります。

昼光色は、電球色と反対の色味で、青や緑がかった光の色です。
はっきりとした見え方になるので、部屋全体の色が白いと、青味が強くなりやすいでしょう。
WEBカメラの性能の質によって、合う場合もあります。

昼白色は、電球色と昼光色の中間に位置する色味で、太陽光に近い色です。
最もチャットレディの仕事に適しており、場面越しの機械っぽくない、自然な印象を与えることができます。

どの色味も、部屋全体の色に影響するので、カメラを通してみると、思っていたのと違う色に映ることが少なくありません。
一番よく使われているのは昼白色のものですが、環境によっては昼光色が合うことも多いです。
色味を変えるために電球を変えるのは大変と感じる際は、カメラの設定で、色味と明るさを変更できるものを選んでおくようにしましょう。

照明を置く位置にも要注意

チャットレディが照明で報酬アップを狙うには、見やすさを重視するようにしなければいけません。

凝った映像にしようと、逆光になる位置に照明を置いた場合、輪郭を細く見せつつ影を強調する、幻想的な絵にはなりますが、かなり見づらい映像となってしまいます。
また、光源を二つ作ったケースでも、明るさの差によって、意図しない方向に影ができてしまうことも。

結果、光が直接カメラに映り込み、男性会員が映像を不快に感じたり、意図しない影の影響で老けて見られてしまい、売り上げにつながらなくなってしまうでしょう。

なので、ライティングにこだわることは大切ですが、基本は正面から均一に光が当たることを第一に、照明を置く場所を決めることを心掛けてください。

チャットレディ向けの照明を用意するなら

チャットレディにとって照明が重要と言われるのは、報酬が画面の見やすさ・映りの綺麗さに直結してくるからです。
映像が良いと、男性会員から見てもストレスなくチャットが楽しめることから、チャット時間が自然と長くなります。
また、照明をただ変えるのではなく、部屋の環境、WEBカメラの性能に合わせて、調整することも大切です。

しかし、部屋の環境をチャットに合わせるのが、困難な方もいると思います。
撮影機材や設定が得意ではなく、チャットに合った照明を見つけるのが面倒だという人もいるでしょう。

そんな時は、チャットレディ代理店の用意する、通勤チャットルームを利用してみてください。
チャットのための環境が整えられていることから、照明ももちろん、チャットに合うものが用意されています。

在宅でチャットをする場合と比べると、新たに照明を購入する、手間も費用も掛かりません。
照明の使用環境が一定になることから、WEBカメラの設定方法もマニュアル化されてて、仕事開始時のセッティングが簡単というメリットもあります。

広島の中でもおすすめの代理店は、チャットレディAlice(アリス)です。
チャットルームは必要な機材が全てそろっており、快適に仕事をすることができます。
サポートも手厚く、トラブル時はすぐにスタッフが駆けつけてくれるので、電気製品に苦手意識がある人にとっては心強いでしょう。

2020年11月11日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP